2005年07月29日

いまさらですが

一応今週のGvについて書いておきます。
レポとかはほかの場所に詳しく書いてますので
私視点とか、自分なりの反省とかを書いておきます

先週スタダが大手V.S.大手で結果を残したため
今までのスタダ対策が甘いということもあり
今回私は、よりいっそ充実したスタダ対策の作戦を任せられたました。

まず最初に
@EmC対策も考慮してスタダ対策を練る
AEmCは考慮しないでスタダ対策を練る
と2通りあったんですが、ここで私はAを選択しました。








この時点でやっちゃってたわけですorz
作戦書にもEmC使われて速攻落ちちゃったらごめんなさいとか書いたりしましたorz
ERの皆さんが頑張ってくれたおかげでなんとか落城は免れましたが
本当に落ちてたら完全に私の責任でした

Aを選んだ理由なんですが先週どこかのギルドがEmC使ったっていう噂も聞かなかったため、
過疎のtyrじゃEmC取れるギルドはなかったんだとか、勝手に自己完結してましたorz
よくよく考えてみれば、
頭のいい(というか普通に思慮のある)ギルドは一週目は様子見し、
他鯖とかで使われた様子聞いて本当に使えるスキルか確認してから取得しますよね。
今週の麒麟の成果で来週以降もtyrでも取得を狙うギルドも増えることでしょう

今回のスタダ対策なんですが
最初に言い訳だけしておくと
EmCさえなければこちらのERにたどりつけない人数を10人程度、
うまくいけば10人未満に抑えれてたと思います。
EmC考慮してたらもう少し庭の配置数が少なくなってたわけで
すべてにおいてうまくいく方法はないですね。
あえてEmCされないと仮定して、
ほぼERにたどつけるよう初期配置を行った結果
ギルマスの残影チャンプに第3MAPでEmC使用
→第3マップ制圧&復帰阻止をおかれる結果にいたりました。
このEmC詠唱の時なのですが、
ERに向かってる味方は同一MAPにいたものの初めてなもので静観してて、
詠唱妨害とかできなかったそうです。

その後ERへの突入は
元から前衛程度だけの突入なら排除できるくらいの戦力はERに割り当ててため、
またERのみんなの頑張りや上手な動きもあってなんとか落城は免れました。
そうこうしてるうちに復帰阻止されて第2MAPに集まってる味方も
ブラギスクリームなどを駆使した後、
後衛も第3MAPに突入しほぼ制圧
→後衛の大部分を含めた相当数がERに復帰
→麒麟の本体Gがベース待機?してる間に
→残りの死に戻りもER帰還
でその後は何事もなく無事防衛できました。

派遣に関しては気が向けばまた後で書きます。
posted by リシュル at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | GVG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。